では用意する物だ!
色付け剤は多めに用意しておきましょう。
頭髪キャップがあるって保温&時短に使えます。
ケープと耳キャップ、髪をとどまるゴムもあるって便利です。(四地点とも100均で売っています)
衣装は汚れても良し広間着等で、脱ぎ易いものがいいと思います。
手袋が付属していない場合は手袋のご対処もお忘れにならないようにお気をつけ下さい。
(輪ゴムで手首地点を止めるといった手順がしやすいだ)

では色付けにおいてだ!
もしも可能であれば、予め世帯や近辺に二人三脚をお願いしておきましょう。
後頭部位どうも自分では見えにくい部分の捜査や万が一足りないものが出た時に凄く助かります。
お次に室温ですが、暖かすぎてもムラができますし寒いって相当染まらないので20~25ごとあたりに保てるという良いです。
色付け前に髪を洗うほうが多いかと思いますが、髪が汚れていないのならば洗わなくても大丈夫です。
もしも洗う場合は、リンスは使わずに必ず乾かしてください。
そうして髪を6つほどの低い拒否にゴムで分けましょう。
後は襟足の拒否からより前髪まで色付け剤を塗って頭髪キャップを被り、染まるまで待ち受けましょう!
間隔がきたら色付け剤をきちん落とし、洗顔といったトリートメントを通して最後に丁寧にブローしてフィナーレだ。つむじの薄い私